FXって本当に資産運用に向いているの?初心者でも出来るの?など、投資に目を向けてみようと思った投資未経験の方にとっては多くの疑問や分からない専門用語などが盛りだくさんで、どこから手を付けて勉強をしていけばよいのか?多くの方が頭を抱えている事と思います。
そこで、今回は投資未経験の皆さんに、今投資やFXに関する基礎的なお話をしていきたいと思います。

普通に日本円を銀行へ預金し、利息を受け取るだけの資産運用なら、リスクを抱えるという事はほぼ無いと言えます。
しかし、これが外国のお金だったら話はかなり変わってきます。
例えば、円高、円安によって大きく資産を増やすことが出来るのかそうではないのか…。

投資未経験の方でもFXという言葉を聞いた事がある方は多いと思いますが、このFXっていったい何でしょうか?
先ず、FXとは正式には英語で“Foreign Exchange”と言い、日本語での正式名名称は“外国為替証拠金取引”と言います。

外為(がいため)とは、外国為替や外国為替取引ともいい、異なる2国間通貨を転換する取引の事を言います。
FXはこの外国為替取引の事を言います。
FXを行うためには各取扱業者に口座を開設し、証拠金を預ける必要があります。
証拠金とは、証拠金(担保金)として預け入れたお金を担保にしてレバレッジは“lever”=“てこ”の事を例えて出来た言葉で、少ない担保で数倍から数百倍の金額を取引する事が出来ます。
実数で例えると、10万円の証拠金で10倍のレバレッジを掛けると100万円、100万円の証拠金で10倍のレバレッジだと1000万円の取引を行う事が可能となります。

そこで、多くの方が外貨預金とどう違うのか?という疑問を持たれたと思います。
外貨預金は日本円で高い金利の外貨を狙う事で、この利息を利益にして資産運用を行うのに対して、FXは金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨の購入を行った際に生じる金利差=スワップ金利を得る事で資産運用を行ないます。
タイミングよく売れる事で大きな利息を生むこともあり、多くの方が注目していますが、FX独自の購入方法(売買注文)を利用することで、ハイリターンでは無く、コツコツと資産を増やすローリターンでローリスクという事も可能なのです。