FXには様々な専門用語が登場しますが、システムトレード略してシストレは自分の判断でタイミングを見て売買を行う裁量トレードに対して売買そのものを予め設定しておいた時点で自動売買するものをシストレと言います。

このシストレ、初心者にはもっとも馴染みのあるのがトラリピです。
そして、さらにシストレの口座の代表とも言えるのがミラートレーダーです。
このミラートレーダーとは利用者は予め用意された売買プログラム(ストラテージ)がいくつかあるので、自分でその中から選びだし、自動売買を行うシステムです。

しかし、外国為替=FXをするにはまず、口座を開設する事が必要になりますが、実はいくつかの種類があることをご存知ですか?。
FXを行うための業者を選ぶのにも迷ってしまいますが、その前に口座の種類についてしっかり理解してから行うと良いでしょう。

初心者がFXをスタートさせるのに使いやすい「個人口座」
法人として株式やFXを行う際に使いやすい「法人口座」
大口の売買を行う事が多いプロ向きの「プロ口座」
メタトレード(MT4)売買を行う際に向いている「MT4口座」
自動売買プログラムによって売買を行っている方に使いやすい「自動売買口座」
取引所を介して行う事が出来る「くりっく365」などがあります。

入門者や初心者が口座を開設するには個人口座で問題はありませんので、まずは口座を開始してみてはいかがでしょうか。