FX用語の一つ『トラリピ』とは何かご存知でしょうか。詳しくはこちらトラリピって?に記載されていますが、簡単に触れてみるとトラップリピートイフダンを略してトラリピと言います。
「もっと利益が欲しい」「いや、損失が大きくなる前に売却しよう」このような葛藤はFXの際には感情が入りすぎてあまりいい結果に結びつかないと言われていますが、予め自分で行った設定で自動的に売買を行う事が出来る自動システムを指しています。

FXをこれからスタートしようと考えている人にとって、自動的に売買が出来る設定を行うという事自体がとても高いハードルの様に感じられますが、そこは安心してください。
入門者に向いていると言われている設定もちゃんとあるのです。

トラリピの設定は「トラップ」と「リピートイフダン」、そして「トラップリピートイフダン」の3種類です。
トラップはいくらで買えたら購入し、いくらで売れるなら売るという“いくら”の部分を設定して売買を自動的に行う事が出来るように設定します。
リピートイフダンはトラップ売買を繰り返し行う事が出来るように設定をすることで、トラップリピートイフダンはリピートイフダンをトラップする、つまり、いくつかの異なる売値と買値を設定し、繰り返し売買をを行えるようにします。

この中でトラップリピートイフダンは中級者程度の知識や経験が無ければなかなか設定を行う事は難しく感じますが、この仕組みを理解さえしていれば驚くほど簡単で単純なシステムなので入門者が陥りがちな夜間の値動きに対しても安心する事が出来ます。