外国為替のチャートとはドルと円、円とユーロなど異なる国の貨幣同士を両替する事を開国為替と言いますが、チャートはこの為替の際の売買のタイミングを見極めるために必ずと言っていいほど参考にされる物です。
どのような物かというと、細かな一定時間ごとに各国のレートの値動きを記載されている物でこれを見る事でどのように値が動いているかを瞬時に把握する事が出来ます。
外国為替の売買の際にある程度の相場をチェックする事で今後の値動きを予想出来るので売買のタイミングを計る事が出来ます。

この外国為替のチャートはインターネットなどでFXを始める前からチェックするだけでも実際に開始する際の参考になります。
また新聞やTVニュースなどでも経済情報の一つとして掲載されているので、様々なメディアを使って予め予行演習がてらの勉強をスタートさせるのも良いかもしれません。

チャートにはさまざまな情報が一目で見て分かるように記載されており、ローソク足というもので実際に値動きを表しています。
このローソク足には始値と言ってその日の初めに提示された値を表示しているほか、その日の最後に表示される終値、その日の中で最も高く売れた価格を表示している高値と、その日もっとも安く売れた際の価格を表示している安値が小さなローソクの様な形に見立てているためこのような名前が付けられています。
その日の始値より終値が高い場合は陽線と言ってロウソクの胴体にあたる部分が白色で表示され、逆に始値より終値が安い場合には陰線と言って青色で表示されています。
一度これを基にその日の外国為替チャートをチェックしてみてください。