為替=とは決済時にお金を直接支払うのではなく、小切手などで支払う事を言います。
そして異なる貨幣を使用している者同士の取引の際などに行いますが、最も変わりやすいのが、旅行の際に円をドルに両替すると思いますが、これが外国為替と言います。

FXの入門向けに分かりやすくこの外国為替について何がどうなのかという点を例えると、旅行などの際に少額を両替する際にはあまり気にしない方も多いと思いますが、この両替が1万円をドルに両替する際、レートが100円の時と120円の時では前者では100ドル、後者では83ドルにおつりという事になります。
差引17ドルの差がありますが、17ドルは1700円の差額が出るため、旅行時のお土産を余分に購入する費用に充てる事が出来ます。
この両替をする日本円が10万円の場合、1ドルが100の場合では1000ドル、120円の場合では833ドルで差額、つまり1ドルが100円でも16700円の差額が出来る事になります。
ツアーのホテルをグレードアップできそうですよね。
更に100万円の場合167,000円、200万円の場合では334,000円、300万円、400万円…といった事を計算していくとかなり大きな金額の差が生じてきます。

FXではこの差額が生じる事で利益を手に入れる事が出来ますが、大口のFX取引をしている方も多く、1円の差額でもかなりの利益が出る方ももちろん多く居ます。
FXではこのレートについてしっかりと見極める力こそがより利益を上げる結果に繋がります。