Archive for 2月, 2016

外国為替のチャートについて知っておこう

外国為替のチャートとはドルと円、円とユーロなど異なる国の貨幣同士を両替する事を開国為替と言いますが、チャートはこの為替の際の売買のタイミングを見極めるために必ずと言っていいほど参考にされる物です。
どのような物かというと、細かな一定時間ごとに各国のレートの値動きを記載されている物でこれを見る事でどのように値が動いているかを瞬時に把握する事が出来ます。
外国為替の売買の際にある程度の相場をチェックする事で今後の値動きを予想出来るので売買のタイミングを計る事が出来ます。

この外国為替のチャートはインターネットなどでFXを始める前からチェックするだけでも実際に開始する際の参考になります。
また新聞やTVニュースなどでも経済情報の一つとして掲載されているので、様々なメディアを使って予め予行演習がてらの勉強をスタートさせるのも良いかもしれません。

チャートにはさまざまな情報が一目で見て分かるように記載されており、ローソク足というもので実際に値動きを表しています。
このローソク足には始値と言ってその日の初めに提示された値を表示しているほか、その日の最後に表示される終値、その日の中で最も高く売れた価格を表示している高値と、その日もっとも安く売れた際の価格を表示している安値が小さなローソクの様な形に見立てているためこのような名前が付けられています。
その日の始値より終値が高い場合は陽線と言ってロウソクの胴体にあたる部分が白色で表示され、逆に始値より終値が安い場合には陰線と言って青色で表示されています。
一度これを基にその日の外国為替チャートをチェックしてみてください。

レートを見極める力こそ利益を生みます

為替=とは決済時にお金を直接支払うのではなく、小切手などで支払う事を言います。
そして異なる貨幣を使用している者同士の取引の際などに行いますが、最も変わりやすいのが、旅行の際に円をドルに両替すると思いますが、これが外国為替と言います。

FXの入門向けに分かりやすくこの外国為替について何がどうなのかという点を例えると、旅行などの際に少額を両替する際にはあまり気にしない方も多いと思いますが、この両替が1万円をドルに両替する際、レートが100円の時と120円の時では前者では100ドル、後者では83ドルにおつりという事になります。
差引17ドルの差がありますが、17ドルは1700円の差額が出るため、旅行時のお土産を余分に購入する費用に充てる事が出来ます。
この両替をする日本円が10万円の場合、1ドルが100の場合では1000ドル、120円の場合では833ドルで差額、つまり1ドルが100円でも16700円の差額が出来る事になります。
ツアーのホテルをグレードアップできそうですよね。
更に100万円の場合167,000円、200万円の場合では334,000円、300万円、400万円…といった事を計算していくとかなり大きな金額の差が生じてきます。

FXではこの差額が生じる事で利益を手に入れる事が出来ますが、大口のFX取引をしている方も多く、1円の差額でもかなりの利益が出る方ももちろん多く居ます。
FXではこのレートについてしっかりと見極める力こそがより利益を上げる結果に繋がります。