デイトレードの売買のコツと口座開設について

デイトレードとは1日の値動きを利用して利益を得られるように通貨(円や外貨)を売買する事を言い、この手法にて通貨売買を行っている投資家の事をデイトレーダーと呼んでいます。
特徴として、その日のうちに取引を完結させるため、夜間の値動きを気にしなくてよい事、終了時に買いをすべて売り終えるため、夜間の値動きでの相場の影響を受けないで済むというメリットがあります。
この値動き、FXではほぼ24時間取引をする事が出来るため、投資を始めたばかりの方にとっては、自分の取引状況が気になって夜間もおちおち眠れないなんて事になってしまう人も居る様ですが、デイトレードの場合は全て売り終えているわけですからそういった事にならず、安心して翌日の朝から取引を行うことが出来ます。

初心者がデイトレードに挑戦する際に、多くの専門誌やインターネットサイトではまず失敗しない業者選びを行い、口座開設を進めていますが、どのサイトや専門誌も違う事(=初心者にお勧めの業者)が書いてあったりして、いったいどの業者に口座を開設すればいいのか悩んでしまった事はありませんか。口座開設に関しては多くのFX情報誌や専用サイトなどで初心者向けの口座などを掲載しているので、そういったものを参考にしながら、取引に扱いやすいFX業者で口座開設を行うと良いでしょう。

デイトレードの売買のコツですが、デイトレードに向いている通貨ペアを選ぶという事です。
よく動き、流動性の高く自分の読み通りに動いていると思われる物を売買取引すると良いでしょう。
プロデイトレーダーなどになってくると、自分流のデイトレードルールを作り、それを基に売買取引を行っていますが、初心者がいきなり売買ルールを作るには少しハードルが高いと思います。
最近ではテクニカルチャートを利用した売買ルールなどを紹介しているものもありますので、そういったものを参考にしながら徐々に自分なりの取引ルールを作っていくと良いでしょう。

FXや外為って何?という投資未経験の方へ送るFXの基礎解説

FXって本当に資産運用に向いているの?初心者でも出来るの?など、投資に目を向けてみようと思った投資未経験の方にとっては多くの疑問や分からない専門用語などが盛りだくさんで、どこから手を付けて勉強をしていけばよいのか?多くの方が頭を抱えている事と思います。
そこで、今回は投資未経験の皆さんに、今投資やFXに関する基礎的なお話をしていきたいと思います。

普通に日本円を銀行へ預金し、利息を受け取るだけの資産運用なら、リスクを抱えるという事はほぼ無いと言えます。
しかし、これが外国のお金だったら話はかなり変わってきます。
例えば、円高、円安によって大きく資産を増やすことが出来るのかそうではないのか…。

投資未経験の方でもFXという言葉を聞いた事がある方は多いと思いますが、このFXっていったい何でしょうか?
先ず、FXとは正式には英語で“Foreign Exchange”と言い、日本語での正式名名称は“外国為替証拠金取引”と言います。

外為(がいため)とは、外国為替や外国為替取引ともいい、異なる2国間通貨を転換する取引の事を言います。
FXはこの外国為替取引の事を言います。
FXを行うためには各取扱業者に口座を開設し、証拠金を預ける必要があります。
証拠金とは、証拠金(担保金)として預け入れたお金を担保にしてレバレッジは“lever”=“てこ”の事を例えて出来た言葉で、少ない担保で数倍から数百倍の金額を取引する事が出来ます。
実数で例えると、10万円の証拠金で10倍のレバレッジを掛けると100万円、100万円の証拠金で10倍のレバレッジだと1000万円の取引を行う事が可能となります。

そこで、多くの方が外貨預金とどう違うのか?という疑問を持たれたと思います。
外貨預金は日本円で高い金利の外貨を狙う事で、この利息を利益にして資産運用を行うのに対して、FXは金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨の購入を行った際に生じる金利差=スワップ金利を得る事で資産運用を行ないます。
タイミングよく売れる事で大きな利息を生むこともあり、多くの方が注目していますが、FX独自の購入方法(売買注文)を利用することで、ハイリターンでは無く、コツコツと資産を増やすローリターンでローリスクという事も可能なのです。

銀行でも取り扱う外国為替証拠金について

多くの資産運用の方法がありますが、外国為替証拠金取引を利用する人も少なくありません。
この取引は証拠金を投資を提供している業者に預託していき、差金決済で通貨の売買を進めていく取引を行っていきます。
FXや通貨証拠金取引、さらには外国為替保証金取引などといった表現をすることもあります。
証拠金取引は歴史が長く、多くの業者が取引を提供しています。
銀行だけでなく証券会社などもプランを提供していますので、手数料などを見ながら判断していきましょう。

外国為替証拠金取引では様々なポイントや他の取引と異なっている点があります。
例えば多くの外貨建て商品をみていくと、通常だと外貨を買っていった後で売る取引があります。
しかし外国為替証拠金取引においては、反対に外貨を売る注文を出した後で買い戻していくプランも可能となっています。
売りから入っていくことによって、値下がりでも投資を行うことができるようになっています。
さらに日本円だけしか持っていない状態だったとしても、預託している資金であれば証拠金による取引を行うことができます。
担保として利用されるので、取引において損失を出してしまったとしても、日本円より決済を行う通貨へと交換していきます。
損失に相当する金額を支払っていけば問題ありません。

レバレッジを活用していくことができますので、証拠金の数倍の外貨を取引していくことができるようになっています。
しかし証拠金以上に損失を被ってしまうこともありますので、投資を行う際には注意しなければなりません。
株式の現物取引と異なっており、差金決済で行われる預託金の拘束が一切ありません。
同一の通貨を何度でも取引を行うことができるようになっています。
投資内容によってリスクを管理していくこともできるようになっていますが、これは差金決済が大きいです。
証拠金取引において差金決済がポイントとなっており、取引を続けて利益を行っていくことができるようになっています。
取引時間などに注意しながら、取引を進めていきましょう。

そもそもFXやデイトレードってなに?

FXの基礎として初心者の方へまずは専門用語について話をしたいと思います。

そもそも外国為替や為替、FX、デイトレードって何?
という方もいらっしゃると思います。
為替とは現金を介してのやり取りを行わない決済を指しています。
そして外国為替とは外為とも言い、その現金を介してやり取りを行わない決済を異なる2か国間の取引を行う事。
つまり、一般的には日本円からドルを旅行などで両替する際、1万円を渡してドルとおつりを窓口で受け取ると思いますが、FXではこれらを全てシステム内で決済し、直接現金をやり取りしないで資産運用をすることを指しています。

じゃぁFXって?という事ですが、FXとは『Foreign Exchange』の単語の頭文字をとってFXと言い、日本語正式名称は「外国為替証拠金取引」と言います。
何だかややこしく小難しそうですが、外国通貨を売買したり交換したりする金融商品のことを言います。

そして、デイトレードとは上記の外国通貨の売買取引をその日のうちに購入し、決済をしてしまう事で、1日のうちに利益や損失を完結させることです。
因みにデイトレーダーとはこのデイトレードを継続的に行っている人の事を言います。
このデイトレードは短期間に結果を手に入れる事が出来るので、ゲーム性のある側面も確かにありますが、初心者にとっては睡眠時間中の価格推移を気にすることなく完結できるので比較的スタートしやすいと言えるでしょう。

口座開設はキャンペーン内容で選ぶのもあり!

外国為替の取引を開始するのに必要な口座を開始すると各社からキャンペーンを受ける事が出来る事があるのは御存じでしょうか。
このキャンペーンを利用して賢くFXデビューしてみるのは如何でしょうか?

キャンペーンは大きく分けて2種類あり、口座開設を行う事で受けられるキャンペーンと、特定商品や一定金額を利用する事で受けられるものなどがあります。
どちらのキャンペーンでも多くがキャッシュバックを行っており、1000円キャッシュバックや1万円、5万円のキャッシュバックが有るといったものもあります。
更に、キャッシュバックはないものの、豪華景品が抽選によって当たるものもあり、豪華景品の中には10万円相当の宿泊券や高級カタログギフトが当たるなど、内容は様々となっています。
また、IT系の口座を開設してFXを始める事でサイト内で利用できるポイントが1万ポイントや6万ポイント加算されるシステムになっているものもあります。

外国為替の取引を行うFXでは口座開設と言っても様々な種類がありますが、これからFXを開始するという初心者の場合、キャンペーン内容を比較して開設する講座を選んでみてもいいでしょう。
キャンペーンの内容に関してはインターネットサイトにて多くの比較サイトが開設されていますので一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

FXをスタートさせる前に口座の種類について知ろう

FXには様々な専門用語が登場しますが、システムトレード略してシストレは自分の判断でタイミングを見て売買を行う裁量トレードに対して売買そのものを予め設定しておいた時点で自動売買するものをシストレと言います。

このシストレ、初心者にはもっとも馴染みのあるのがトラリピです。
そして、さらにシストレの口座の代表とも言えるのがミラートレーダーです。
このミラートレーダーとは利用者は予め用意された売買プログラム(ストラテージ)がいくつかあるので、自分でその中から選びだし、自動売買を行うシステムです。

しかし、外国為替=FXをするにはまず、口座を開設する事が必要になりますが、実はいくつかの種類があることをご存知ですか?。
FXを行うための業者を選ぶのにも迷ってしまいますが、その前に口座の種類についてしっかり理解してから行うと良いでしょう。

初心者がFXをスタートさせるのに使いやすい「個人口座」
法人として株式やFXを行う際に使いやすい「法人口座」
大口の売買を行う事が多いプロ向きの「プロ口座」
メタトレード(MT4)売買を行う際に向いている「MT4口座」
自動売買プログラムによって売買を行っている方に使いやすい「自動売買口座」
取引所を介して行う事が出来る「くりっく365」などがあります。

入門者や初心者が口座を開設するには個人口座で問題はありませんので、まずは口座を開始してみてはいかがでしょうか。

トラリピの仕組みを知る事でFXデビューが出来る!

FX用語の一つ『トラリピ』とは何かご存知でしょうか。詳しくはこちらトラリピって?に記載されていますが、簡単に触れてみるとトラップリピートイフダンを略してトラリピと言います。
「もっと利益が欲しい」「いや、損失が大きくなる前に売却しよう」このような葛藤はFXの際には感情が入りすぎてあまりいい結果に結びつかないと言われていますが、予め自分で行った設定で自動的に売買を行う事が出来る自動システムを指しています。

FXをこれからスタートしようと考えている人にとって、自動的に売買が出来る設定を行うという事自体がとても高いハードルの様に感じられますが、そこは安心してください。
入門者に向いていると言われている設定もちゃんとあるのです。

トラリピの設定は「トラップ」と「リピートイフダン」、そして「トラップリピートイフダン」の3種類です。
トラップはいくらで買えたら購入し、いくらで売れるなら売るという“いくら”の部分を設定して売買を自動的に行う事が出来るように設定します。
リピートイフダンはトラップ売買を繰り返し行う事が出来るように設定をすることで、トラップリピートイフダンはリピートイフダンをトラップする、つまり、いくつかの異なる売値と買値を設定し、繰り返し売買をを行えるようにします。

この中でトラップリピートイフダンは中級者程度の知識や経験が無ければなかなか設定を行う事は難しく感じますが、この仕組みを理解さえしていれば驚くほど簡単で単純なシステムなので入門者が陥りがちな夜間の値動きに対しても安心する事が出来ます。

外国為替のチャートについて知っておこう

外国為替のチャートとはドルと円、円とユーロなど異なる国の貨幣同士を両替する事を開国為替と言いますが、チャートはこの為替の際の売買のタイミングを見極めるために必ずと言っていいほど参考にされる物です。
どのような物かというと、細かな一定時間ごとに各国のレートの値動きを記載されている物でこれを見る事でどのように値が動いているかを瞬時に把握する事が出来ます。
外国為替の売買の際にある程度の相場をチェックする事で今後の値動きを予想出来るので売買のタイミングを計る事が出来ます。

この外国為替のチャートはインターネットなどでFXを始める前からチェックするだけでも実際に開始する際の参考になります。
また新聞やTVニュースなどでも経済情報の一つとして掲載されているので、様々なメディアを使って予め予行演習がてらの勉強をスタートさせるのも良いかもしれません。

チャートにはさまざまな情報が一目で見て分かるように記載されており、ローソク足というもので実際に値動きを表しています。
このローソク足には始値と言ってその日の初めに提示された値を表示しているほか、その日の最後に表示される終値、その日の中で最も高く売れた価格を表示している高値と、その日もっとも安く売れた際の価格を表示している安値が小さなローソクの様な形に見立てているためこのような名前が付けられています。
その日の始値より終値が高い場合は陽線と言ってロウソクの胴体にあたる部分が白色で表示され、逆に始値より終値が安い場合には陰線と言って青色で表示されています。
一度これを基にその日の外国為替チャートをチェックしてみてください。

レートを見極める力こそ利益を生みます

為替=とは決済時にお金を直接支払うのではなく、小切手などで支払う事を言います。
そして異なる貨幣を使用している者同士の取引の際などに行いますが、最も変わりやすいのが、旅行の際に円をドルに両替すると思いますが、これが外国為替と言います。

FXの入門向けに分かりやすくこの外国為替について何がどうなのかという点を例えると、旅行などの際に少額を両替する際にはあまり気にしない方も多いと思いますが、この両替が1万円をドルに両替する際、レートが100円の時と120円の時では前者では100ドル、後者では83ドルにおつりという事になります。
差引17ドルの差がありますが、17ドルは1700円の差額が出るため、旅行時のお土産を余分に購入する費用に充てる事が出来ます。
この両替をする日本円が10万円の場合、1ドルが100の場合では1000ドル、120円の場合では833ドルで差額、つまり1ドルが100円でも16700円の差額が出来る事になります。
ツアーのホテルをグレードアップできそうですよね。
更に100万円の場合167,000円、200万円の場合では334,000円、300万円、400万円…といった事を計算していくとかなり大きな金額の差が生じてきます。

FXではこの差額が生じる事で利益を手に入れる事が出来ますが、大口のFX取引をしている方も多く、1円の差額でもかなりの利益が出る方ももちろん多く居ます。
FXではこのレートについてしっかりと見極める力こそがより利益を上げる結果に繋がります。